疾病対策

子どもの予防接種はなぜ必要?接種の種類と心配な副反応について!

580339

子ども自身にとっては一つの大きなイベント…

『予防接種』(*_*;

定期的に受けるものや、任意で接種するものなど色々ありますね。

 

親としても忘れず計画的に接種しなくては…と気を遣います!

 

そこで今日は誰もが受ける

この"予防接種"についての基礎知識をご紹介します。

子どもの予防接種はどうして必要なの?

皆さんお分かりだと思いますが…

 

予防接種の目的は、受けた人に免疫という力をつけて

その病気にかからないようにしたり、

かかっても軽くすむようにするというものですよね。

 

一度かかった伝染病には二度かからないことは昔から知られていました。

 

現在行われている予防接種にはポリオや麻しん(はしか)、BCGなど

いろいろなものがありますよね。

 

麻しん(はしか)と風しんも、かかっている人から

かかったことのない人にしかうつらない感染症です。

 

したがって、極端な話…これらの感染症にかかったことのない

地球上の子どもみんなが予防接種を一斉に接種すれば

麻しんも風しんもこの世からなくなってしまうんですね(笑)

 

ははは…それは「ム~リ~ぃ!」ですが…(´◉◞౪◟◉)

 

しかし、この世からなくせる病気ばかりではありません!

 

たとえばBCGで予防する結核は、病気をなくせるどころか、

日本では患者数が増加している傾向があるようです…💦

 

しかし、不思議なことに結核の予防接種をしていないアメリカでは、

日本よりもずっと患者数が少ない様子。。。

 

それでもBCGを接種すると

”結核性髄膜炎”などの重篤な結核が少なくなることが知られています。

 

また、インフルエンザのようにウイルスが少しずつ変異してしてしまうので、

毎年受けなければいけない予防注射もあります(/・ω・)/

 

子どもの予防接種の種類

ひと口に”予防接種”と言っても

いくつかの種類に分かれていますので、確認しておきましょう(^_-)

580003定期接種と任意接種

定期接種

定期接種とは、国で種類と接種の時期を定めたもの。

BCG、Hib、肺炎球菌、日本脳炎など…

接種料はおおむね公費負担となります。

任意接種

任意接種は、受けたい人が自分のスケジュールで受けるものです。

A型肝炎、おたふくかぜ、インフルエンザなど…

接種料は自己負担となります。

 

580003集団接種と個別接種

集団接種

保健所や学校などで一斉に受ける予防接種です。

BCGは集団接種のところが多いですね。

個別接種

かかりつけの医院や病院で受ける予防接種です。

集団接種以外の定期接種と任意接種は個別接種となります。

 

予防接種で心配になる副反応…

予防接種を受ける方で

「副反応が心配なんだけど…」

っていう方が多く見受けられます(´・ω・`)

 

『予防接種をした数日後に脳症となり、後遺症を残した…』

という場合も予防接種の副反応かも知れないし、

予防接種とは全くの無関係の脳症かもしれませんよね??

 

「予防接種の副反応」と考えられるものの中には、

”本当の副反応”である場合と、

”まぎれ込み”と呼ばれる副作用と区別のできない現象である場合があります。

 

どんなに予防接種が良くなって本当の副作用が減っても、

副反応とみなされる現象』はゼロにはなりません。。。

 

しかし最近は予防接種が良くなってきていますので、

本当の副反応より…

 

予防接種を受けないで病気そのものにかかった場合の後遺症や、

死亡の確率の方がずっと高いと考えられます(*_*;

 

ですので、副反応を心配するのも分かりますが、

病気にかかる前の”転ばぬ先の杖”はやはり必要だと思いますよ!

 

まとめ

以上、予防接種の基礎知識でした。

年齢によって接種の時期やスケジュールも違います。

 

定期健診の際や、かかりつけのお医者さんと相談しながら

計画的に予防接種は受けるようにしましょうね!

-疾病対策
-,