疾病対策

風邪予防にマスクは効果なし?着用して得られる効果と使い方!

861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_m

だんだんと寒くなって、空気も乾燥してくると

どうしても流行ってくるのが風邪などの感染症!

 

じゃあそうなる前にマスクで予防…予防…っと

 

でも、実はマスクって効果がないよ…

っていう噂もちらほら…    (゚Д゚;)『えええぇ!?』

 

じゃあその噂は本当なのか???

その理由についてお答えします!!

風邪予防にマスクは効果がないの??

先ほども申し上げた通り、

実は風邪の予防にマスクって効果がないよ…

 

っていう噂…

 

部分的に本当の様です(゚Д゚)ノ

 

その理由はどうしてかというと、

マスクはガーゼや不織布などでできており、細かい繊維が網のように折り重なっています。

 

そう!ココでのポイントは”網のように”ってこと!

 

網のようだから、繊維同士の間には『すき間』があるんです。。。

 

そして、最も大事なのは…

 

このすき間…

細菌やウイルスを余裕で通しちゃいます(゚Д゚;)

 

今までのマスクは何のためにやってたんやぁ。。。(。-∀-)

 

かなりの喪失感に襲われたもっちーですが、本当なんです。

 

 

 

どのくらい余裕かと言いますと、

『ウイルスがサッカーボールだとしたら、網目はサッカーコート』

という分かりやすい例えが有名です(笑)

 

余裕っていうか、意味ないじゃんっていうレベル。。。

 

もう細菌やウイルスが、マスク内にスカスカ入り込める環境なんです。

 

この結果ですと、

マスクを着用していても、感染を予防できるとは言い切れませんね。

 

でも、マスクが全く役に立たない、風邪予防に無能なわけではありません!!

 

マスクを着用することで得られる効果は??

前述の通り、マスクは風邪などのウイルスや細菌を完全に防ぐことはできません。

 

でも、マスクが全く役に立たない、風邪予防に無能っていうわけではないのでご安心を!!

 

ウイルスは通しても、それ以外で風邪の予防や、その他にも得られる効果がありますので

そちらをご紹介します!!

飛沫感染を防ぐ

風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌の感染には様々な方法があります。

【参考】⇒インフルエンザの感染経路は?予防に効果的な方法は手洗いがおススメ

 

ウイルスは感染者のくしゃみや咳などによって外部にまき散らされます。

これを”飛沫感染”といい、感染の原因の一つとなりますが。。。

 

この飛沫感染は、ウイルスが唾液や鼻水に付着して一緒に飛んでいくんです(ノД`)・゜・。

 

そして、マスクは”ウイルス”そのものは通してしまうのですが、

くしゃみや咳で出た、鼻水や唾液はマスクを通ることができないので

マスクを着用することで、

この飛沫感染による風邪やインフルエンザの感染を防ぐことができます。

 

風邪などの発症自体を抑える

風邪や、インフルエンザなどのウイルスは、

乾燥した低温の場所を好み、活発に活動します。

 

しかし、マスクをすることで自分の呼吸によってマスク内の湿度や温度が上がり、

ウイルスが住みにくい環境が作られます(笑)

 

つまりウイルス達が繁殖しにくいってことになりますがな!!

 

なので、もしマスクの中にウイルスが侵入してきても、

ウイルス的にはとても住みにくい環境なので、

発症するリスクはだいぶ下がると思いますよ。

 

マスクの効果的な使い方は??

マスクは”ウイルスや細菌”を通してしまうけど、

その他の効果により風邪の予防に効果があることが分かりましたね(^^♪

 

じゃあ、その効果がしっかり発揮できるよう、効果的なマスクの使い方をご紹介します!!

 

●しっかり鼻まで覆って着用する

人間は呼吸するとき、ほとんどの場合『鼻呼吸』をしています。

 

ですので、マスクから鼻が出てしまっていると、前述したマスク内の湿度や温度を上げ、

十分な保温効果を得られることができませんので、マスクはしっかり鼻まで覆ってください!

 

 

●繰り返して同じマスクを使わない

きれいに見えても、マスクには細菌やウイルスがびっちりついています!!

 

まさか、マスクを繰り返して使ったりしていませんよね???

 

できれば、使い捨てのマスクを使用し、外出先から帰ってきたら外して捨てる。

昨日のマスクを綺麗だから使っちゃおう…っていうことなんて問題外ですよ(゚Д゚;)

 

 

●就寝時はマスクをつけて完治までの時間を短縮!?

もし、風邪などにかかってしまったら、

日中の間、周囲にウイルスをまき散らさないようにマスクを着用することはもちろんですが、

 

意外に就寝時に口呼吸になってしまって喉が乾燥し、

ウイルスが繁殖しやすい状態になってしまう事もしばしば…

 

ですので、就寝の際にマスクを着用して喉の乾燥を防ぎ保湿することで

細菌・ウイルスの繁殖を抑える効果がありますので、

結果、完治までの時間が短縮されるかもしれませんよ(^_-)-☆

 

まとめ

いかがだったでしょうか!?

 

年末にかけて寒くなってくる時期、冬場の乾燥する時期などは

特に細菌やウイルスが元気に活動する季節になります。

 

マスクも使い方によっては効果的に風邪などの予防ができることが

お分かり頂けたと思いますので、

 

マスクを上手に使用しながら、基本的な生活習慣、食生活を整え、

余計な感染症にかからないようにしましょうね!!

-疾病対策
-,