子育て

子どもの事故やケガの応急処置。やけどや頭を打った時のケアの仕方は

2016/10/23

yuki_uwanensyuhikusugi15113032

子どもは生傷が絶えませんよね…

ましてや乳児などは好奇心の塊ですからね(*_*;

 

口で言って”分かりました!気を付けます!”

なんてできませんし(笑)

 

もちろん未然に防ぐことが最も大事ですが、もし起こってしまったらどーするか?

起こりやすい事故やケガについて、

いざという時に慌てないための対応の仕方をご紹介します☆彡

子どもの事故やケガで救急車はどんなときに呼んだらいいの?

赤ちゃんや子どもに重大な症状が起こったり、事故やケガで急を要する場合など、
いざという時に頼りになるのが救急車ですね!

 

もちろん、明らかに軽い症状なのに、無料のタクシー代わりに使ったり、

救急車で行けば待たずに診察できるからという反社会的な行為は絶対にいけませんが…

 

…かと言ってお子さんの容態が急変したときに自家用車を無理に運転して事故しては大変です!

また、本当に急ぎの症状なのに遠慮することはありません!!

 

救急車はめったに使うものではありませんが、例えばこんな時は救急車を利用してくださいね(^^♪

580003

  1. 意識がないとき
  2. 呼吸が極めて困難になっているとき
  3. 激痛(腹痛、頭痛など)があるとき
  4. 出血が激しく、止まらないとき
  5. けいれんが止まらないとき

救急車を呼ぶときは、とにかく落ち着いて状況を説明するようにしましょう!

 

子どもがやけどをした時の応急処置について

やけどは0~4歳児に多く、”熱湯”によるやけどが最も起こりやすいものです。

また、使い捨てカイロなどによる低温やけどにも注意が必要なんですよ(゚Д゚)ノ

 

やけどは範囲と深さが重要

 

やけどの対処をする前に知っておきたいのが、やけどの重症度の目安です!
やけどでは、深さと範囲が重要になります。

 

●やけどの深さの見方●

第1度のやけど…皮膚の表面が赤くなっているときで、水ぶくれにならない程度のものです。

 

第2度のやけど…水疱(水ぶくれ)ができているような場合

 

第3度のやけど…皮下組織にまで達するやけどで、皮がむけ黒く焦げていたり、

白くなっているような場合です


 

第3度の方が第2度よりも痛みが少ないようですが、より重症なんです…(゚Д゚;)

 

家庭での対応は、とにかく流水や氷水で最低でも10分以上冷やすことです!
そのうえで急いで病院に行かなくてはならないのが、この第3度のやけどの場合と、

やけどの範囲が”大人の手の平より広い”場合です。

 

できるだけ皮膚科や外科のお医者さんに診てもらいましょう。。。

第1度や第2度で範囲が小さい場合は普通の時間帯の受診で大丈夫ですが、

それまでに余計な薬などは塗ったりしない方が良いでしょう。

 

水疱がある時や、触ると痛いようなときは、

ガーゼを当てて包帯でくるんでおくようにしましょうね(/・ω・)/

 

注意やけどはこんなところで起こる!!

≪キッチン・食卓で≫

沸騰したお湯が入ったやかん、煮立った鍋、炊飯器の蒸気孔、オーブン、ポット、コーヒーなど

テーブルクロスなどを敷いているのは、誤って引っ張ったりしてしまうので、注意が必要です!

≪部屋で≫

ストーブ、アイロン、こたつ、使い捨てカイロなど

 

子どもが頭を打ったときのケア

子どもが頭を打つのは、よくあることですね!

たいていは何ともないのですが、油断は禁物。頭を打ってから数時間~数日は、

子どもの様子に注意をはらいましょう(。◕ˇдˇ◕。)/

 

打った直後は平気でも、あとから症状が現れることがある

赤ちゃんや子どもは身体の割に頭が大きく、転んだ時にとっさに手が出なかったりするので、

頭を打ってしまう事があります。

 

頭を打った直後は激しく泣きますが、

泣き止んだあといつも通りにしていれば、まず大丈夫でしょう(^_-)-☆

目安としては…

580003

  • 頭を打った直後に大声で泣いた
  • そのあとで、嘔吐やけいれんがない
  • 泣き止んだあとはケロッとしている
  • 打ったところにへこみがない

これらの場合は大丈夫ですね。

ただし、頭を打った直後は大丈夫でも、数日間は要注意です。

 

数時間から数日後に嘔吐があったり、頭痛がとれなかったり、ことばが不明瞭になったり、

転びやすくなったり、元気が全くなくなってしまったり、

何か変だと思ったら、脳神経外科やCTなどの設備がある総合病院を受診しましょうね!

 

 

*こんな時は要注意*

☑意識がない、頭を打った直後にまったく泣かない

☑頭痛がひどい

☑嘔吐やけいれんがある

☑打ったところにへこみがある

 

*頭を打ったあとのケアのまとめ*

・頭を打ったあと数日は、子どもの様子に注意する

・頭などにこぶができたときは冷やして様子をみる

 

まとめ

子どもは大人が思っていないようなところに興味を持ち、

気になると触ってみたり、周りが見えなくなってしまうので、

冒頭でも述べたように、未然に事故を防ぐように環境を整えることが大切ですね!

 

また、お話が分かるようになってきたら、『危ないから駄目よ!』だけじゃなくて、

どうして危ないのか?という、”どうして”の部分を伝えていけると良いと思いますよ(^^)/

 

-子育て
-,