定期健診

子どもの3歳児健診の内容は?運動面やことばの発達チェックポイント

2016/10/17

anj86_tukuenoshita20141115104929_tp_v

どーも!もっちーです(`・ω・´)ゞ

どうですか???

子育て楽しんでますか???

 

私は公私共に毎日子どもたちとふれあい楽しんでいます!

 

さて、今日は幼児期の発達において1つの大きな目安とされる…

お子さまの『3歳児健診』について

書いていこうと思いますので、良かったら見ていってください♪

3歳児健診で気になる運動面とことばの発達

さぁ、この3歳児ですが…

2歳のイヤイヤ期。。。

 

俗にいう『ちびっ子ギャング!』(古い!?)の時期を越え、

「自分で」という表現を多用し、

 

何でも自分でやれる! (゚Д゚)ノ

という意欲がガンガンと溢れ出す時期でございます(笑)

 

身の程をわきまえずに、いっちょまえな事を言って

少々危なっかしいことも平気で挑戦したがりますよね。。。

 

親としてやらせてあげたいのはやまやまだけど…

 

寿命が縮まるようなヒヤヒヤ感…(゚Д゚;)

 

うーん…わかります…  『THE 自我!』ですよね。

 

でも、多かれ少なかれこの自我の芽生えと自立の時期は

誰もが通る道…きちんとこの道を通らないと、将来の社会生活が難しくなって、

  • 情緒障害
  • 精神不安

などの原因にもなると言われています。。。

 

親としては大人の目でしっかりと子どもたちを受け止めて、

子どもと向き合う心の余裕が大切なんです!

 

なーんて偉そうなこと言っちゃってますが、

自分も日ごろの保育では、バタバタしてしまうとこれができないこともあるので反省です。。。

 

 

話を戻すと『3歳児健診』では、この自我の芽生えと共に、

これまでに発見されにくかった

運動発達や視聴覚発達の遅れなども、この時期に発見されることが多く、

将来にわたって問題になることもあり得るので、きちんとした対応が必要ですね!

 

 

例えば1歳児健診などで、歩き方が少し様子がおかしいと指摘されたりしても、

明らかに何かの異常が発見されない場合、

「3歳まで様子を見てみましょうか(^^)」

などと言われることもよくあります。

【参考】1歳児健診での発達の目安とは?ことばや気になるポイントってある?

 

なのでこの『3歳児健診』は発達に異常がないかを見極める、大きな目安なんですね!

 

何か異常があれば、市区町村でその後の対応の相談にのってくれるので、

公共、行政の機関を上手に活用しましょう。

 

 

また、3歳ぐらいになると、家族歴でアレルギーがあれば”ぜんそく”がでてきたり

”アトピー性皮膚炎”がでてきたり、”熱性けいれん”を起こしたりと、

個人による体質的な問題が起こり始めます。

 

これらがあれば、健診の時にきちんと伝え、その対処について指導を受けて下さいね!

 

 

3歳児健診で気になる運動面とことばの発達

3歳児の発達をチェックするうえで欠かせないのが、

運動面とことばの面での発達に関してです。

 

では、どんなところに注目して発達のチェックをしていくか見ていきましょう(#^.^#)

 

運動面の発達

3歳児の運動面では、バランス感覚が発達してきます。

例を挙げると…

  1. 三輪車をこぐ
  2. 片足ケンケンができる
  3. 低い階段から飛び降りて着地できるようになる

などの動きができるようになってきます!

 

「え…これだけ???」(゚Д゚;)

って思われた方いらっしゃいますか?

 

大人には簡単で、大したことがないようなこの当り前な動きこそが、

チェックするポイントとなり…

これらは実はかなり高度な能力を必要とする動きなのです。

 

私、現役メンズ保育士もっちーの経験上、

能力的には備わっていても、外遊びをほとんど行わない、

親が子どもの探索行動を規制しすぎる…等

 

このような環境によって”経験不足”で出来ない場合も往々にしてあるので、

目安として着目して下さいね!

 

ことばの面の発達

ことばの面では、色々と質問をする中で、聞くと自分の名前や年齢を答えたり、

絵を見て動物の名前や花の色などが答えられるようになります。

 

もしこれが不十分だと、耳や目の検査(視聴覚判定テスト)もできないので、

健診前の予診票にはきちんと回答しておきましょうね(^^♪

 

ちなみにうちの子は、3歳児健診の時に言葉そのものではないのですが、

『舌が割と短い』ということで、出しにくい言葉があるようだ。。。

ということを指摘されました(笑)

 

別に何か特別に対処しなくちゃダメではなかったのですが、

参考程度に…(´∀`*)ウフフ

 

 

3歳児の発達チェックポイント

3歳児健診でチェックする発達や健診のポイントをまとめました。

 

運動能力

・三輪車をこいだり、低い階段や台から飛び降りたりできる

・バランス感覚が養われてくるので、片足ケンケンができたりする

 

ことばの発達、聴力、視力  (視聴覚判定テスト)

・年齢や名前など聞かれたらきちんと答えられる

・用紙に描かれた絵を答えたり、耳元で鳴らしたかすかな音が聞こえるかどうかを調べる

 

その他の気になるポイント

・体重が極端に増えたり、逆にやせてしまっている場合、身長の伸びが止まってしまっている場合には

それなりの対応が必要になります。

・尿検査も必須検査となります。腎炎などの腎臓の病気の早期発見に役立ちます。

 

まとめ

3歳児健診を受ける子の中には、すでに幼稚園や保育園に入っている子も多いはず。

 

反対にまだはいっていない…という方も、

これから集団生活という”荒波”の中に船出をしていく時期でございます(^^)/

 

集団では感染症という嵐に巻き込まれることもしょっちゅう…

決められた予防接種だけでなく、

任意接種のワクチンも計画を立てて受けておくようにしましょうね!

 

-定期健診
-