運動

運動会で速く走るための練習法!ラダー走のコツと注意点とは?

2016/10/17

ped_retuninarabukodomotachi_tp_v

前回運動会での『かけっこ』で速く走るための

基本的な練習法をご紹介しました。

今回はシリーズ2回目!

応用編という事で、効果的な練習法をさらに突っ込んでご紹介(/・ω・)/

 

さぁ、目指すは『努力の天才』だっ!!

 

それでは、保育園で子ども達に体操も教えている

このもっちーがナイスぅ!な練習法をご紹介します!

今回は応用編でーす♪

運動会のかけっこで速く走るための練習法

前回は基本編という事で、簡単な練習方法。。。

『片足ケンケン』

『スキップ』

の動きを取り入れて、練習することをご紹介しました。

【参考】運動会のかけっこで速く走りたい!コツと練習中の注意点とは?

 

そして、今回は応用編ということで、

子ども達のパフォーマンスを向上させる練習法をご紹介します☆彡

 

そ・れ・が・・・・

 

ラダートレーニングだっ!

 

ご存知の方いらっしゃいます??(ー_ー)??

 

ご存じない方は…テレビなどでサッカー選手やアスリートの方が

地面に格子状のロープのような物を使って、テンポよく足を動かしステップしている姿…

見たことあるんじゃないでしょうか?

 

このラダートレーニングは、全力でテンポよく規則的なステップを踏むことで

速い動きを身体に覚えさせることができる練習法です。

 

かけっこなどに必要な『瞬発力』を養う上では、

非常に有効な練習方法になりますヾ(≧▽≦)ノ

 

それと、ラダーという格子状のロープの範囲内を、

正確に身体をコントロールすることで

身体の『ボディバランス』が身につきます!!

 

それでは、簡単なラダートレーニングをご紹介いたします!

 

簡単なラダートレーニング①サイドステップ

まず、2本の長い紐を30㎝~40cm程度の間隔をあけ平行に並べます。

 

その端に立って、サイドステップをしながら前に進んでいきます。

イメージとしては”反復横飛び”ですね(笑)

 

反復横飛びをしながら、正確に前に進むのでございます!

 

前に進む際に”手”があがってしまうとバランスが崩れるので、

手は下げたままのフォームで上半身をキープしましょうね٩( ''ω'' )و

 

簡単なラダートレーニング②手・足の協応動作【後ろグーパー】

このトレーニングも①と同じ紐の状態にします。

今度は背を向けて立ちましょう!

 

紐の間は足をグー!

ジャンプして足をパーにした時に、足は紐の外側に来るように着地しましょう(^^♪

 

これをリズム良く後ろ向きで、足をグーパー・グーパー繰り返します。

 

この時、足はグーパー、手は左右に開いて伸ばし、

手の平だけグーパーさせるようにしてみると、難易度が上がり楽しめると思います。

 

このように違う動きを一緒に行う事で、

協応動作…つまりそれぞれの動きを連動させる能力が養われます!

足がグーの時、手の平はパーなど、

ちぐはぐなお約束をつけるとさらに効果アップですよ(。◕ˇдˇ◕。)/

 

簡単なラダートレーニング③素早く足踏みステップ

今度は紐ではなく、何でもいいのですが細長い棒を進む方向に等間隔で並べます。

間隔は歩幅一歩分くらいかな!

 

細長い棒は、踏んだ時に痛くなければ、

スポンジやタオル等で代用しても大丈夫ですよ。

練習方法は、等間隔の間を右足・左足、一度ずつ足踏みして進みます!

 

慣れてきたら、テンポよく「1、2,1,2,1,2…」と進みましょう。

 

このトレーニングはかけっこで必要な、足の回転を速められるので、

単純にスピードアップにつながりますよ(ΦωΦ)

 

前傾になったり姿勢が傾いたりしないように、

バランスを取りながら姿勢を真っすぐにしよーう♪

 

ラダー走以外で速く走るコツは?

ラダー走以外でも、ちょっとしたポイントに気を付けることで、

スピードアップに繋がることがあるんです('Д')💦

 

こちらも併せてチェックしておいて下さい!

 

●腕をしっかり切るように振って走る

今までの練習の動きを組み合わせて、全力でダッシュします‼‼

より速く、前に進むために足をリズムよく回転させますよー。

 

その時に、もっと速く足を動かすためには

腕をしっかり振ることがポイント!

 

振る時に手のひらを軽く開いて、切るように下に振ります!

シャッ!シャッ!シャッ!シャッ!っとチョップするように

交互に動かします(`・ω・´)ゞ

 

これを行うことによって、前に進む力を得ることができるのです!

 

●スタート合言葉は、『利き足前の前傾』で!

スタートの姿勢は非常に重要です(。◕ˇдˇ◕。)/

 

前に重心を置き歩幅を広げ、スピードアップさせるために

前傾姿勢をキープしましょう!

 

直立の状態から利き足を一歩前に出し、軽くひざを曲げて前に重心を乗せます。

 

この時に利き足と同じ側の肩を前に出し、やや前傾の姿勢にするんですねー!

目線は前に!

 

合図と同時に遠くのゴールを目指して走り出しましょう!

 

走る練習での注意点とポイント

今回も上記の練習方法と併せて覚えておきたい注意点があります。

 

それは…

走る際のフォーム!

彡(´◉◞౪◟◉)

 

身体に力が入り過ぎていたり、

「モモが上がり過ぎ」「重心が後ろに傾いている」「腕の振り方が正しくない」

というようなフォームが間違っていると

前に進もうとしている力が他の方向に逃げてしまっているので

非常にもったいなーいのです(*_*;

 

なので、幾つか練習法をご紹介しましたが、

練習の中でこれらのフォームについても注意して見ていくようにすると、

トレーニングの効果が現れやすいと思いますよ(^_-)-☆

 

まとめ

以上!

かけっこが速くなる練習法の第2回目でした。

 

今回は、ラダートレーニングなどちょっと難易度の高い練習法ではありましたが、

走る際に非常に重要な「瞬発力」を養うことができます。

 

それでは、ご紹介した練習法を繰り返し取り組んでもらい

運動会などで好成績を残してくれることを期待します!

 

ヾ(≧▽≦)ノ頑張ってぇええええええええ!

-運動
-,