疾病対策

インフルエンザの感染経路は?予防に効果的な方法は手洗いがおススメ

2016/10/17

V™ƒV[ƒ“•Ê01-•a‹C—–hKŠµ2

人類の永遠のライバル!憎き『インフルエンザ』

人間がワクチンを作ると、それをあざ笑うかのように

むこうも「新型インフルエンザ」と

進化されていらっしゃいます(笑)

 

まさにイタチごっこ…

じゃあやっぱり感染しないようにするのが一番ですよね!

 

よーし!予防接種ダぁーーーー(゚Д゚)ノ

 

でも私注射嫌い。。。他の方法はないんすか????

 

うん、知りたい!

今回はそんな気になる『予防法』について掘り下げていきたいと思います。

インフルエンザの感染経路ってどんなものがあるの?

まず、予防法の前にどんな経路でアイツ!

 

『インフルエンザ』君が私たちの体内にやってくるのか

感染経路を整理しておきましょう(/・ω・)/

 

飛沫感染

これは感染者がくしゃみや咳をすることで、

インフルエンザのウイルスを含んだ粒子が

『インフルエンザ!いきまーーーーーーす!』(ΦωΦ)

ってな具合に体内からガン●ムのように飛んでいくのです。

 

この粒子(小粒子)のことを『飛沫』といいます。

この飛沫は感染者の咳やくしゃみに乗り

咳なら約10万個、くしゃみであれば約200万個の数の

ミニガン●ムが飛んでいくのです(ノД`)・゜・。

 

しかも、感染者から相手までの距離が1.5m以内であれば、

直接、相手の呼吸器に侵入してウイルス感染させてしまいます。

目などの粘膜も侵入対象のようです!

 

空気感染

これは飛沫感染と似ていますが、ちょっと違います。

 

飛沫感染の飛沫は、ウイルスを含んだ粒子が微量の水分で覆われています。

そしてこの飛沫の水分が飛んだものを『飛沫核』といい、

これは長時間空気中にフワフワ浮いています…

 

その飛沫核を周囲の人が吸い込むことで感染が広がり、

『飛沫核感染』ともいうんですね(゚Д゚;)

 

しかもまた、こ奴らは空気が乾燥し低温であると、

ウイルス感染力のスタミナが長持ちするそうで…

ですから、適度な換気や加湿器などで湿度を調整することは

とても大切だと言われているんですね(´◉◞౪◟◉)

 

接触感染

これは読んで字のごとく、ウイルスが何かに付着しそれを第三者が触れることで、

手を介して感染することですね。

手から目や鼻や口…つまり粘膜に到達してしまい感染するんですね|д゚)

 

ですからしょっちゅう『お鼻ほりほり』しちゃう人とか、

「ピゥい~~~♪」っつって羊呼んじゃう人とか(そんないないし❕(゚Д゚)ノ)

は粘膜にダイレクトアタックしちゃうんで気を付けて下さい!

 

よーし、こうやって奴らはやってくるんだなぁ(゚Д゚;)

なるほど!じゃあどうやって防ぐかが問題だな…

 

インフルエンザの予防で効果的な方法は?

ということで、奴ら『インフルエンザ軍』がどうやって攻めてくるのかは分かりました。

じゃあどうやって防ぐかが問題ですよね!

 

だってあいつら人間の肉眼には見えないんですから(笑)

 

まぁ予防接種がいいんですけど…冒頭でも言ったように

私…注射嫌いやないっすかぁ、注射するにもお金かかりはりますやろぉ…(知らんがなっ❕)

 

あっ、もちろん予防接種は受けた方が良いとは思います(キッパリ(^^♪)

 

もし感染してしまったとしても接種をしておくことで、重症化を防ぐことが多いそうですし

感染しても、発症の可能性が少なくなりますからね!

 

気を付けなければいけないのは、注射打ったから即オッケーではないよという事です!

 

接種してから体の中に抗体ができるまで、約2週間かかりますので…

なるべく流行期の前に予防接種することをおススメします!

 

さて、肝心な注射以外の予防法ですが…

一般的に皆さんが思い付く感染予防について挙げてみましょう!

・手洗い

・マスクを着用する

・うがいをする

・室内の加湿をする

・人ごみの中には行かないようにする

・緑茶などのカテキンを含む飲料水を飲む

こんなところでしょうか???

 

実際に、どれも予防法としては少なからず効果はあると思います。

 

ですが、それぞれの方法が万能ではありません。

 

ですので、この予防策の中で最も効果があるものを取り上げてみましょう٩( ''ω'' )و

それは・・・・

 

そ、それは・・・・

 

手洗いです!!ヾ(≧▽≦)ノ

 

つまり、接触感染での感染を防ぐことなんですね!

 

先ほどもお伝えしましたが、人は生活の中で様々なものに接触します。

職場、公共の場所、買い物先…生活していく中では、物に触れざるを得ませんよね。

 

ウイルスが目に見えれば問題ありませんが、そうもいかず。。。

 

そして、様々なものに接触した手で無意識に目や鼻、口元を触り粘膜に侵入!

奴らにとっては『ミッション完了!』ちょろいぜぃ!ってなわけです|д゚)

 

ですので、こまめに「手洗い」を行い侵入を防ぐことが最も有効な手段だと言えそうです!

 

『シンポー イズゥ ベストゥ‼‼٩( ''ω'' )و』

なんだな…

 

インフルエンザの予防は手洗いが最も効果的?

さぁ、一番の予防法は手洗いに決定‼ってな訳で…

この効果的な予防法も手順を間違えてしまうと、

最も効果的な方法とは言えなくなってしまうので

ご注意ください(。◕ˇдˇ◕。)/

 

貴方はこんな手洗いしておりゃーしまへんか??

☑水でサッと流して終了。私はせっかちなのよと、石鹸使ってもサッと終了

☑何となく熱いお湯ならサッとでもいいかぁ~(熱湯消毒感覚)と終了

(※手荒れの原因となり、雑菌が増殖しやすい環境を助長するだけです)

☑手のひらだけ洗って終了

☑共用のタオルで手を拭いている

これらの項目に一つでも当てはまったら感染予防には不十分ッス…( 一一)

 

なので、手洗いを最も有効な予防法まで昇華させるように

正しい手洗いをマスターしましょう!

 

自分の中の小宇宙(コスモ)を感じろ❕

それを最大限まで昇華させるんだ❕(by聖●士●矢)
(分かる人には分かるはず(笑))

 

なぁに、難しいことは言いません(´∀`*)ウフフ

なるべく簡潔に申し上げます!!!

 

それがこちらっ!

580003

・とりあえず手のひらも、手の甲も指も、指の間も入念に洗いまくれ!

・約20秒は頑張ろう!

・爪の間も忘れずに!

・お父さん指はひねり洗いで見逃しやすい手首を忘れるべからず流水でしっかり洗い流し、清潔なタオルで拭き取る!

・共用タオルは避けるべし!

 

どうですか?

これ、やるかやらないかで全く効果が違ってきますので、ぜひ実践してください!

 

お子さまなどは十分に手洗いができないと思いますので、

アルコールの消毒剤も併用するといいでしょう(^^♪

『シュってやってもみもみ…』というのを習慣化できると良いですね!

 

まとめ

さぁ、今回はインフルエンザの感染経路と、効果的な予防法でした!

いかがでしたか?

これらの予防法はインフルエンザに限らず、

その他の病気や食中毒などにも効果的です。

 

自分を守るためにも手洗いが特に効果的だと思いますよ。

 

その為にも現在の対策法のやり方を改善し、効果的に予防することで

憎き『インフルエンザ軍』の侵攻から、

皆様のお身体をお守りくださいませませ(^_-)-☆

-疾病対策
-,